執筆中の作品について

前回のエントリーで書いた源泉徴収免除申請は、もう一度FAXを送り直して、いまその返事待ちという状態なので、KDP関連の話はお休み。
というわけで、今書いてる小説のことを少しお知らせしておこうかと思います。
タイトルは「シークレットオークション」。
悪い学園があって、生徒をオークションにかけて売り払うという、まあなんですか、わかりやすーいネタのお話です。
ヒロインひとり、主人公ひとりの一対一でひたすら話が続く、監○調教モノで、分量は文庫本で最低でも二冊以上の作品になるかと思いますが……
はい、長いです。すいません。
ですが、自分はなるべく調教の過程をとばさずに、女の子が堕ちていく様をじっくり書いていきたいたちなので、どうしても長くなってしまいます。そういう理由で、自由に物語の尺を決められるKDPに魅力を感じているのです。
そんなわけですが、現在熱烈執筆中ですので、作品の発表は、もう少々お待ちくださいませ。