JK一夜堕としを発表しました

突然ですが、「JK一夜堕とし」という小説を発表しました。
元々は、同人サークルサイトに掲載されていた小説だったんですが、サークル解散で宙に浮いてしまった作品でした。
最近、権利関係がすっきりしたので、改題の上、大幅に改稿し、こちらで発表することにしました。
全三巻で、そのうち一巻はまるまるこのサイトで読めるように公開しました。
kindle用のmobiファイルもアップしてありますので、kindleで読みたい方はそちらをダウンロードしてください。
内容的には「シークレットオークション」や「処女と新妻が堕ちる部屋」のプロトタイプとも言える作品で、けっこう似たシチュエーションが多いです。元々はこちらで発表するつもりがなかったので、好きなネタを先の二作品にも使ったのですが、結果かぶってしまいました。
そんなわけですが、よろしければお読みくださいませ。

「処女と新妻が堕ちる部屋 第三部」が発売されました

たいへんながらくお待たせいたしました。
処女と新妻が堕ちる部屋の第三部をようやく発刊することができました。
難産でした。没にしたテキスト量はゆうに本編の4倍ほど。
納得いくまで書ける環境ってのは、よしあしですね。
次はもっと早くに出したいです。

消費税適用による価格改定を行いました

これまでamazonは海外で営業しているため、日本の消費税は払いませんという姿勢でやってきたのですが、さすがにそれでは通用しなくなったらしく、本日10月1日より消費税がかかるようになりました。
というわけで、KDPで出版している拙作にも消費税がかかるようになります。
299円で販売していたものは、そのまま8%加算して323円になりますが、99円で販売していた各シリーズの第一部はお試し的な要素が強いので、税込でワンコインの100円に改定いたしました。
既刊については、以上の対応となりますが、新刊については状況を見ての価格付けになるかと思います。

「処女と新妻が堕ちる部屋 第二部」が発売されました

お待たせいたしました、「処女と新妻が堕ちる部屋 第二部」が発売されました。
前二作よりも長編予定になっておりますので、ストーリーの進行度はゆっくりめです。
とはいえ、抜きどころはきっちり用意させていただいたつもりですので、
よろしければお楽しみください。
ちなみに第三部は、来月ですね、はい。

新作「処女と新妻が堕ちる部屋」の第一部が発売されました

大変大変お待たせいたしました。
新作「処女と新妻が堕ちる部屋」の第一部がようやく発売になりました。
本当に、お待たせして申し訳ないです。
とりあえず、第二部まではほとんどあがっておりますので、続きはそんなにお待たせしないで出せると思います。
取り急ぎ、ご報告まで(ちょっとやることが立て込んでまして)。