ガイアが俺にもっと書けと囁いた

というのが、復帰するきっかけになったわけではなく、とあるものに興味を惹かれたからです。それは、KDPことキンドルダイレクトパブリッシング。
ぶっちゃけると、デジタル同人誌市場ですが、自分ひとりで好き勝手に書いた小説を『そのまま』販売できるシステムに、とても魅力を感じました。
これまでも、同人向けのデジタル販売を手がけているところはあったんですが、正直、マンガやゲームが中心で、小説というジャンルの市場はほとんどないというのが現実です。しかも、販売額を低く抑えると、ロイヤリティもかなり低くなってしまいます。
その点、KDPは一定の条件を満たせば、売価の70%のロイヤリティを手にすることができるとのこと。大変魅力的です。
ただ、市場としてどの程度なのかは未知数でありますので、実際にチャレンジして自ら確かめてみようと思った次第でございます。