作成者別アーカイブ: 矢獲

昔話 その5

と、いうわけで。
「Selen」は某社配下のブランドから独立して、これまでの制作チームがベースとなるスタッフが引き継ぎました。
そこで自分もお誘いを受けて、20世紀最後の年のミレニアムに、外注から新生Selenの母体となる会社の内部スタッフになります。

内部スタッフとしての最初の仕事は「DEEP/ZERO」でした。
いや、厳密に言うと、その前に姉妹ブランドとして立ち上げたところから出す純愛作品のシナリオをテコ入れしたのが初仕事だったんですが、まあこれは黒歴史ということでw

で、「DEEP/ZERO」です。
まずはSelenブランドを繋ぐため、新作は早めに出す必要がありました。
すでに調教SLGを得意にするというブランドイメージは定着していたので、ひとり調教にしぼったものを迅速に低価格で出すという戦略をとりました。
開発自体は大きく難儀したという記憶はなく、大幅に開発スケジュールがずれることはなかった感じがします。

ただ、ですね……

Selenと名乗っていても組織は違うので、流通会社からの信頼がありません。
しかも、前記した姉妹ブランドの作品がまあ売れませんでしたので、初回発注数が少なかったのです。
ぶっちゃけると、「DEEP/ZERO」の初回発注数は5000本ありませんでした。低価格作品なのに少ない。少なすぎる。けっこう事態は深刻で、おいおいこのあとどうするよ? 的な会議をした記憶もあります。

しかし、だがしかし!

ユーザーのみなさんはSelenを見捨てていませんでした。
発売日の午前中に完売してしまう店舗が多数発生し、慌てた流通からの追加発注FAXがひっきりなしにやってきました。
ものを売る商売でこれほどの逆転劇を味わったのは、あとにもさきにもこれが最大級だったような気がします。
結果、「DEEP/ZERO」は2万本近いセールスになりました(廉価版含まず)。

この成功体験があって、Selenは調教SLGというジャンルにどんどん傾倒していくようになります。

つづく。

調教SLG開発状況

昔話もいいけどいまはどうなんよってことで現状の開発状況です。
すでに、快楽調教の実装が終わっております。
コマンドはこんな感じです。

とにかく、できるだけテキストに応じたCGパターンを用意するようがんばってます。

昔話 その4

ついに『DEEP』が発売されました!
当時在住していた札幌で一番のエロゲ売り場を誇っていたのはヨドバシカメラだったので、まずはそこへ偵察に。
発売日当日ですからずずんと平積みされた『DEEP』を目にしたときは、やはりじーんときました。自分が手がけたゲームがはじめて商業ルートに乗ったのですから当然です。
そのあと、お客さんが商品を手にとってレジまで向かったときも感動しましたね。本当にうれしかったです。

ただ、当時は2chすらなく、ユーザーさんの感想はアンケートはがきがほぼすべてという状況(ネットではユーザーさんが個別に開いたHPに感想があがったりする程度)。
結局、どれほどの評判を得たかと判断するのは売上本数でした。
DEEPの売上本数は1万半ばあたりだったと記憶しております(廉価版やらなんやらのバージョンを除く)。
十分ヒット作と呼べる数が出たんですけど、あたると2万、3万なんて本数が簡単に出る時代だったので、関係者の雰囲気的にはあと一歩感がありましたね。

その半年後に『連鎖』というAVG作品をリリースして、親ブランドを持つ子ブランドとしてのSelenは活動を終えることになります。

昔話 その3

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

で、続きです。

そんなわけで『DEEP』のシナリオを執筆することになったわけですが、当時は普通に本業がありました。
ただ、とてもストレスのある状況下で勤めておりましたので、酒の量がどーんと増えており、最後は急性膵炎で入院するという事態になりました。
それを機に、仕事を辞めてフリーになり、専業シナリオライターになったのです!

後先考えないのは、今も昔も一緒ですね……

そんな状況で、入院した病院にノーパソを持ちこんだりしながらシナリオを書いたおかげもあってか、わりと早く『DEEP』シナリオは書き上がりました。
ただ、そのあといつ『DEEP』を発売するのかの情報がなかなか出てこない。
それでもようやく夏の日に発売日が決まってそれを楽しみにしておりましたが、その発売日が迫る中、なかなかマスターアップの連絡がこない。
大丈夫ですかとメールすると、デバッグ手伝ってほしいとの連絡が……。

はい、北海道から東京へデバッグしにいきました。

自分が行ったときは、もう締め切り数日前という状態だったんですが、まだCGすら表示が間違っているレベル!

あああ、絶対間に合わない!

と、思ったんですが、そこは火事場のばか力。ものすごい勢いで完成度が増していきました。デバッグプレイしててもゲームとして面白く感じるレベルになっていきます。
ともにデバッグしていたブランドの元締めをしていた会社の社員さんも面白い面白いと口々に言ってくれました。
そして、最終的に1日マスターアップの期限を延ばせることになって、なんとか完成したと記憶しております(記憶が曖昧)。

そういう経緯があり、自分はただの外注から一歩進んでSelenの中核スタッフになっていくのでした。

まだまだ続くよ!

昔話 その2

その1からの、続きです。

私はノストラダムスの終末が迫るインターネットの黎明期、『チェーンライド』というエロ小説をネットで発表しました。
当時は競争率も大変低い時代でしたので人気になり、やがて複数のエロゲメーカー様からシナリオを書いてみませんかというオファーをいただくようになりました。
ほとんどはAVGでしかも企画が決まっていてそのシナリオを執筆してほしいという依頼の中、ひとつだけ調教SLGの企画から参加させていただける依頼がありました。

これはもうやるしかないみたいな勢いで依頼を受けたのですが、そこが元々作っていた作品は自分がプレイしたことのない『SEEK』ライクな調教SLGゲームでした。
そこのゲームをプレイするとともに、ついに『SEEK』および『SEEK2』もプレイしました。
それぞれたいへん面白かったんですが、調教が進んだコマンドでは奴隷堕ちしている状況なのに、そうじゃないコマンドでは罵りながら抵抗する。

その違和感をどうしても解消したい!

その結果、出たアイディアが二次元マトリクスでした。
自分が最初に提案したのは、5×5の正方形マトリクス。
しかし、当時のゲームとしては分量が多すぎる。我に返ってそれだけのテキストを執筆できるかと思ったらとても無理という結論。

結局、初代DEEPのマトリクスは逆三角形型に落ち着きました。
右下好きの方には物足りなかったでしょうが、その形はゲーム的にバランス良く構築できたんですよね。

というわけで、続きは次回!