作成者別アーカイブ: 矢獲

シークレットオークション第四部が発売されました

シリーズ完結編となるシークレットオークションの第四部が発売されました。
全五巻想定だったのですが、1.5冊分でラストまできてしまいましたので、無理に延ばしたりはせず四巻でまとめました。
というわけで、上記の通り四巻は1.5冊分になりましたので、他の巻より百円だけ上乗せさせていただきました。なにとぞご了承くださいませ。

シークレットオークション 第四部(完)

こちらから購入できます

●タイトル
 シークレットオークション 第四部
●属性キーワード
 女子校生、輪姦なし、凌辱、調教、監禁
 おむつプレイ、潮吹き、ソーププレイ、泡踊り
 浣腸、アナル開発、アナルセックス
●ページ数
 40字×17行換算で169ページ
●販売価格
 399円(税込431円)

続きを読む

第二部の無料配布がはじまります

シークレットオークション完結編となる第四部の執筆が終わり、数日中に発売される予定です。そこで完結記念といたしまして、第二部を12月27日の夕刻から5日間、無料配布いたします。
まだお手にされてない方はぜひこの機会をご利用ください。
ダウンロードはこちらからどうぞ。

発売して一ヶ月が経ちました

シークレットオークションの第一部、および第二部を出してから、一ヶ月経ちました。
みなさまのおかげで、ランキングのトップを獲ることもできました。これにより、現時点でのアダルト小説のキンドル市場規模がどのくらいなのかということも、ある程度把握できたような気がします(ついでにランキングの傾向も)。
とりあえず、爆発力はありません。最初の一週間で、どーんと売れて……ということにはなりません。平均的にだらだらと売れていく感じです。ですので、紙の本を出すときのように、初刷分のまとまった印税が入ってくる感じにはなりません。
つまり、一冊や二冊、ランキングのトップになるような本を出しても、最初から大きな収入は得られないということです。
ただ、ランキングを見ると、一年以上前に出された本もちらちらと見かけます。もし、一年間、このだらだらペースで売れつづければ、紙の本で出すより最終的なリターンは多くなる……かも。
そんなわけで、既刊については見守るしかないのですが、今後の方向性は見えたような気がします。

シークレットオークション第三部が発売されました

タイトル通りですが、シークレットオークションの第三部が発売になりました。
早速買ってくれた方もいらっしゃるようで、とてもうれしく思います。
ツイッターでいろいろつぶやいてますが、やっぱり全部で五部になる予定です。
とりあえず、今年中には完結すると思いますので、もう少しお付き合いいただけると幸いです。